末期すい臓癌の1年生存率をクリア


浅間山を見ながら今日も元気です

asamayama.jpg

去年の4月8日に膵臓尾部に腫瘍が見つかって
1年経ちました。

膵臓癌ステージ4bの1年生存率は15%くらいだそうですが、
私は、それを元気にクリアしました。
これも、家族や大勢の友人の皆さん方の支えによるものと
感謝申し上げます。

私は、難治性ガンと言われる膵臓癌の患者にしては
あまり酷い症状が出ておらず、比較的元気なので
精神的にも余裕があります。

この1年の闘病生活を通して
癌になったからこそ知りえた、患者目線からの、
現在の日本における癌治療の問題点が見えてきました。

今や、年間に約100万人が癌になり
37万人が癌で亡くなっています。

二人に一人は癌になり
三人に一人は癌で亡くなっている確率です。

これは今、癌になっていない人も
やがて癌に罹患し、死亡する確率が非常に高く
「まさか自分が癌になるなんて」などという
「まさか」ではなく、誰もが「普通に癌になる」事を示しています。

癌に対する危機感を頂き、国民全体が癌の予防と対策に
備えなければならない事態になっているのです。

しかし、健常者は、それになかなか気づきません。
隣の部屋が火炎に包まれているのも知らず
身近に危機が迫っているのに気が付かないのです。

今、何事もなく平穏に過ごしている貴方にも
命を落とす癌が迫っていることを知って欲しいと思って、
このブログを書いています。

癌になるのは高齢者ばかりではありません。
働き盛りの人も、癌に罹患しています。
癌になれば仕事することにも支障がでます。
生活が大変になります。

今のところを、このブログを見ている人は
癌患者自身か、その家族の人だと思いますが、
私は、今ガンになっていない人にも
このブログを紹介して欲しいと
友人に協力を依頼しています。

そこで今日は一点だけ
癌になった時の治療法ついて
私の所感を記しておきたいと思います。

日本における癌治療の標準3大治療と言われる
外科手術、放射線治療、抗ガン剤治療だけでは
癌の死亡者を減らすには非常に不十分です。

現在の癌治療には、
いろいろと改善すべき点がありますが
それを全て言うと煩雑になりますので
最も大事なことを一点だけ記します。

癌になったら、この治療法した方が良いというものです。

それは、既に保険適用にもなっており
効果的な治療としての医療データもあり
副作用も少ない、患者に負担の掛からない
非常に素晴らしい治療法があるにも関わらず
それが普及されていないことです。
これは非常に勿体ないです。

それはガン細胞の弱点をついた治療法です。
身体にメスを入れることもありませんので安全です。

放射線治療や抗ガン剤治療は
正常細胞にも大きなダメージを与えますので
吐き気、ムカツキ、食欲低下などの酷い副作用が出ますが
この治療法は、正常細胞を元気にする方法で
免疫力を高めることができます。

癌細胞は熱に弱いのです。
その弱点をついた癌治療法が
ハイパーサーミア温熱療法です。

下図の装置がハイパーサーミアの医療器です。

hyper.jpg

身体の深部にある内臓を43℃くらいまで加温することが出来ます。

onnetu.jpg

正常細胞の血管は加熱すると拡張し熱を下げますが
癌細胞の血管は、臨時にできた血管ですので
加熱しても血管が拡張せず熱がたまり温度が上がります。
この温度差を利用して癌細胞だけを攻撃します。

onnetu1.jpg

今のところ、ハイパーサーミアだけで
癌を死滅させることは出来ませんが
単独でも腫瘍を縮小させる効果が確認されています。

放射線治療や抗ガン剤治療と併用することによって
その効果を倍増させることが出来ます。

癌治療の初期からハイパーサーミアを併用した方が
元気を維持することが出来ますし、手術不適合の状態から
腫瘍が縮小して手術可能状態になり根治を目指すことも出来ます。

この治療法は副作用がありません。
癌治療の副作用は非常に苦しいです。
副作用の少ない治療法は
癌患者のとって非常に有りがたいのです。
この治療法は副作用がないばかりか元気になります。

私も、ハイパーサーミアを早い時期から行っていましたので
1年経った今も、元気に生活しています。

詳しくは、安田浩康医師のYouTube動画解説をご覧下さい。
ハイパーサーミアを実施している現役医者の話は説得力があります。
ぜひ見て下さい!



この方法は、素晴らしいのに
何故か普及されていません。
これを普及させようと努力しているところです。


この記事は為になったと思う方は
「いいね」ボタンを押して頂ければ嬉しいです。

フェイスブックやっている人はシェアして貰えば
なお嬉しいです。



この記事へのコメント

  • おばちゃんの長女

    はじめまして。
    いつもハイパーサーミア治療について力強いメッセージを発信されておられるので、陰ながら応援しております。
    うちの母にもTS-1が効いている間に並行してハイパーサーミアを受けさせてあげられなかったのが、今でも後悔の一つとなっています。
    主治医(一応胆肝膵内科の権威)が頭からその効果を全否定、どうしてもしたいのなら治療もよそに行ってくれ、ってな感じで取り合ってもらえなかったので断念しました。
    全身を温めるスマーティですら、母の痛みの軽減に大いに効果的で、痛み止め服用を最小限に抑えることができたのに。(事実、母の肺の転移ガンが消えたのもスマーティとTS-1の相乗効果だと考えています)
    どうして温熱療法に否定的な医師が多いのか疑問です。
    データが必要なのであれば、もっと治験並みに多くの人に受けてもらってそのデータを取れば良いのに。
    治療機の費用の高さと使用技師のコストの問題なんでしょうか?
    私もハイパーサーミアが普及されない理由に納得がいかなくて憤りすら感じています。
    2016年04月08日 14:02
  • 2016年04月08日 16:21
  • いんたん

    石本さん
    一年本当に素晴らしい闘いですね。母と全く同じ状況ながら本当に希望です。
    抗がん剤しか選択肢がないなか、前に勤務していた会社の高価な免疫増強食品を無料で送って頂き、本当に周囲の方に支えられていると実感しております。
    温熱療法との併用での学会資料もあり心強いと思っております。私たちも『獅子吼』の祈りで癌を蹴散らすよう頑張りますのでこれからも宜しくお願い致します。
    2016年04月08日 19:05
  • 2016年04月10日 01:40
  • さな

    初めまして。
    このブログのファンで、昨年末からよく来ていました。
    一年達成おめでとうございます!
    とても嬉しいです。

    お姑さんが膵臓癌4aで、このブログで読んだことをよく話してます。
    それに長くお元気でらっしゃったり、前向きに色んなことにトライされているご様子を拝見して、私も元気をもらっています。

    告知を受けた12月当初は、なかなか病院以外の療法にあまり積極的ではなかったお姑さんも、このブログの話をし続けてきたことで、とうとう金曜日にハイパーサーミアを受けるに至りました。
    それに、温めることや食事療法の大切さは話して少しずつ実践してきてくれたので、顔色や、肌のハリもよくなりました。
    私はこのブログに来るだけで安心します。
    これからも応援しております!
    2016年04月10日 01:42
  • 獅 子 吼

    15% クリア まことにおめでとうございます。
    ブログでの元気な様子に、毎回元気をもらっています。
    これからも、ますます元気に「獅子吼」して、書き綴ってください。
    これからもずっと見続け、応援します。
    2016年04月11日 21:44
健康は自分の為、家族の為、社会の為です。
特に、癌治療にはガン体質を改善することがポイントです。
ガン体質を改善することは、全ての病気の予防にも繋がります。

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
クリックして頂けると、励みになります
他の膵臓癌の方のブログなども見ることができます
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村


すい臓がん ブログランキングへ